モデルハウス 購入

モデルハウス購入より安い

モデルハウス購入は安い?

モデルハウスを購入しようとされている方は、非常に賢明な方ですね。

 

人生で一番高い買い物なので、2割でも1割でも安く買うことができれば、その他の節約努力なんて吹き飛ぶくらいの効果がありますね。

 

モデルハウス購入には課題が多い

しかし、モデルハウス購入には色々な課題があります。

 

・見せるための家なので、裏側の作りがきちんとしているかが不安
・必要以上に豪華な内装で、結果的にあまり経済的にならない
実はモデルハウス購入権の抽選が客集めの手段となっている
(抽選ではずれた人にはサービス価格で提供!と他の家を紹介されて衝動買いさせる手法も・・・)

 

結局は「少し豪華な中古物件」というところでしょうか。豪華なだけに高くつき、中古物件ならではのデメリットもそのままです。

 

モデルハウス購入より安く買える

モデルハウス購入もイマイチか・・・と思った方、全く別の、劇的に安く自宅を購入する方法があります。

 

それは賃貸併用住宅、という選択肢です。

 

例えば、こんな家を建てた人がいます
 2階:自分の住居
 1階:賃貸に出せるワンルーム×3室

 

 土地+建物:3200万円
 住宅ローン:9万円/月
 賃貸収入:5×3=15万円/月の収入

 

※毎月15万の家賃収入があり、ローン負担9万を払っても、残り6万円がプラスになるということです。

 

モデルハウス購入より安い理由

「住宅ローンが安いどころかプラス…こんないい話があるか」と思われた方に、なぜ可能かの理由を説明します。

 

不動産物件なのに住宅ローンを使えるので金利が安い
賃貸用の部屋を自宅のおまけでつくるから効率的になる

 

また、我慢することがあります。自宅部分はさほど広くはできないこと、賃貸してくれる人と同じ建物に住むことです。しかし、

 

通常の自宅は、子供全員が自室を必要とする期間以外、部屋が余ります。

 

そのピーク期間以外、部屋を賃貸に出すイメージになります。

 

 

つまり、金融・不動産のテクニック要素と、自宅購入者の我慢によって成り立つわけです。

 

その我慢さえ許容すれば、ローン負担0も可能、つまり負担は頭金だけ。こんなに安く自宅を買うことができるのです。

 

モデルハウス購入より、ダンゼン経済的

モデルハウスを購入できて、全く問題のない家だったとしても、相場より少し安く買える以上のメリットはありませんよね。

 

賃貸併用住宅のメリットはこんなにあります。

 

ローン負担0も可能と負担が小さい

ローンが払い終われば家賃収入が全額収入になり、年金対策になる

生命保険を安くできる※

 

生命保険が安くできる理由

購入者に万が一のことがあった場合、自宅同様、団体生命保険でローン残高を全額支払うことになります。
自宅だけではなく賃貸用の部屋のローンまで完済状態になります。つまり、遺族に自宅と家賃収入を残せるのです。
賃貸併用住宅さえ購入できれば、高額な生命保険に入っておく必要がなく、生命保険の掛け金の節約にもなります。

 

 

モデルハウス購入より安いこの手法を実現するには

賃貸併用住宅はファイナンシャルアカデミーという、家計簿のつけ方から投資までお金の貯め方・増やし方について幅広い講座を開催しているスクールで紹介されている方法です。

 

賃貸に出す部分については不動産投資になるので、真剣に考えたい場合は不動産投資の基礎を学ぶ必要があります。
書籍で勉強するより、経験豊富な講師に質問できるセミナーがおすすめです。

 

ファイナンシャルアカデミーと不動産投資セミナーの特徴

 

元 郵政民営化担当大臣の竹中さんがアドバイザーをつとめる、信頼できる独立教育機関

      

実質無料(受講料2000円で、不動産セミナーとその他のセミナー2000円分を受講可能)
東京、大阪、名古屋で開催。回数も多く、参加日を選びやすい

 

▼ 不動産投資のセミナーはこちらから ▼

 

 

 

また、この賃貸併用住宅の建設から賃貸管理までをコンサルティングしている会社もあります。新築の一戸建てが安く手に入るとあって注目をあびています。ハウスメーカーのように建てて終わりではなく、10年〜35年間の長期家賃保証が魅力的ですね。